【Report】in the Box vol.4「ひとときのおもい」

本作の振付・演出を担当された向井 章人さんにお誘いいただき、観てきました。


in the Boxはダンスと演劇、それぞれ男女ペアの4人からなるユニット。
ユニット構成において、ダンスと演劇が1:1になっていることが特色なのだと思います。
僕は今回初めて観させていただいたのでこれは憶測に過ぎないのですが、公演を重ねるごとにダンスと演劇の組み合わせを自分たちの中でどう消化するかが見えてきて、今回の作品に繋がったのかなと感じました。


というのも、ダンスや言葉の導入の仕方が洗練されていて、これまた憶測ですけど自分たちのスタイルというものを確立してきているような印象をもちました。
こういうユニット構成やスタイルって普通は形成までに時間がかかると思うんですよね、前例が少ないパターンなので。


作品のテーマとしては個人と個人を取り巻く社会、つまりは日常の中で(社会の中で)個人が感じる違和感や葛藤、自己肯定などを描いているように感じました。
このあたりをうまく取り扱えることも、この団体の特色のように感じました。
こういうテーマがどストライクなお客さんはたくさんいそうですよね。


僕は常々言っていますが、ダンスと演劇は相反する性質をもちながら、それぞれを補完しうる存在だと思っています。
水と油のように反発しあうものではなく、うまく融合すれば抜群の相性の良さは見せるけれども、ただし簡単に作れるわけでもない。


そういう意味でも、今後のin the Boxにはますます期待ですね!
あと、最後に下村さんの踊りは初めて見たのですが(大人数の作品とかで見ているのかもですが、そういうのはほぼ認識できないので)、独特の言い方をしますけれども「見ていられる」感じがあって、非常に良かったです。


舞台芸術の世界においては、この「見ていられる」能力というのが非常に大事だと思います。
特に今回のように身体で語る時間が長いとなおさら。
この「見ていられる」という言い回しは誤解もされそうですが、語ろうとするとすごく長くなるので機会があればまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です